殆どは定期借地権

Posted by 運営者 on 17/03/02

借地権には様々な種類が存在しています。そんな中でも一般的な借地権というと、定期借地権のことを指します。定期借地権というのは、更新ができないというのが特徴です。そのため、2年契約となっている場合には、2年経過したら土地や建物の所有者に返さなければいけない義務が発生するのです。これは法律が改正されたことで誕生した借地権なのですが、改正されたことで土地や建物の所有者に多くのメリットがもたらされました。

例えば土地や建物が管理しやすくなるという点です。定期借地権の場合には、必ず契約年数で自分の手元に戻ってくるので、事前に計画を立てやすくなったと言えるでしょう。借地権に関しては、借地借家法という法律が適用されるようになっています。また、堅固建物と非堅固建物の区別が以前はされていませんでしたが、現在では区別されているのです。

契約年数が経過したら、今度はこのような人に貸したい、このように土地を利用したいなど、いろいろな計画が立てられるというのがメリットでしょう。ちなみに定期借地権にもいろいろな種類があり、大きく分けると3種類に分類されています。そんな中でも一般的な種類は、名前にも記載されているように、一般定期借地権で、借地権の存続期間が50年になっているのが特徴です。

Filed under 未分類

Comments are closed.