定期借地権の種類

Posted by 運営者 on 17/03/03

定置借地権にもいろいろな種類が存在しており、最も一般的な一般定期借地権をはじめとして、建物譲渡特約付借地権や事業用定期借地権が存在しています。建物譲渡特約付借地権というのは、一般的な賃貸住宅だと思ってよいでしょう。借地契約を行ってから30年以上を経過することで、地主が建物の買取を行うことが決まっているのです。もちろん建物を譲り渡したときに借地権は消滅することになります。

それに対して事業用定期借地権というのは、大体文字を見ればある程度想像がつくという人もいるでしょう。当然事業用として使用する場合がこの事業用定期借地権になるのですが、10年以上50年未満という期間が定められているが特徴です。さらに契約が終了した時点で、建物を壊してから土地の所有者に返すという決まりもあります。

このように定置借地権にもいろいろな種類があるのですが、一般の人がここまで勉強する必要はありません。借りる人の場合には、通常借りるときにこのような契約内容になっていると説明する義務があります。もちろん一般の人にもわかりやすく説明してくれるので、安心して借りられるでしょう。ただし、土地の所有者はきちんと勉強をしておかないといけません。

Filed under 未分類

Comments are closed.