使用貸借と賃貸借

不動産関連のことを調べてみると、いろいろな専門用語があるのでわかりにくいと感じる人も多いでしょう。借地権もその1つでしょうが、借地権というのは賃借権とも言われています。賃借権には一般的な賃借権の他にも、使用賃借という用語が存在しているのですが、この2つではどのように異なっているのでしょうか。賃借権はお金を支払って物の貸し借りを行うことです。

そのため、一般的には賃貸住宅を指す言葉なのですが、レンタルDVDやレンタカーなども当てはまります。それに対して使用賃借というのは、一切お金の支払いを行わないで貸し借りを行う方法のことをいうのです。例えば友人に車を借りる場合には、通常お金を取ることはありません。子供であればゲームソフトの貸し借りなどを行うこともあるでしょう。

親が賃貸住宅を経営していれば、子供には無償で貸すこともあると思いますが、このような場合を使用賃借と呼んでいるのです。もちろん友人や親兄弟からも、お金のやり取りをして物を借りる場合には、使用賃借ではなく賃借権となります。借りる方はこのような知識を得る必要はありませんが、貸す方はやはり覚えておくべきことでしょう。特にお金を取って貸す場合には、必要不可欠な知識となります。

定期借地権の種類

定置借地権にもいろいろな種類が存在しており、最も一般的な一般定期借地権をはじめとして、建物譲渡特約付借地権や事業用定期借地権が存在しています。建物譲渡特約付借地権というのは、一般的な賃貸住宅だと思ってよいでしょう。借地契約を行ってから30年以上を経過することで、地主が建物の買取を行うことが決まっているのです。もちろん建物を譲り渡したときに借地権は消滅することになります。

それに対して事業用定期借地権というのは、大体文字を見ればある程度想像がつくという人もいるでしょう。当然事業用として使用する場合がこの事業用定期借地権になるのですが、10年以上50年未満という期間が定められているが特徴です。さらに契約が終了した時点で、建物を壊してから土地の所有者に返すという決まりもあります。

このように定置借地権にもいろいろな種類があるのですが、一般の人がここまで勉強する必要はありません。借りる人の場合には、通常借りるときにこのような契約内容になっていると説明する義務があります。もちろん一般の人にもわかりやすく説明してくれるので、安心して借りられるでしょう。ただし、土地の所有者はきちんと勉強をしておかないといけません。

殆どは定期借地権

借地権には様々な種類が存在しています。そんな中でも一般的な借地権というと、定期借地権のことを指します。定期借地権というのは、更新ができないというのが特徴です。そのため、2年契約となっている場合には、2年経過したら土地や建物の所有者に返さなければいけない義務が発生するのです。これは法律が改正されたことで誕生した借地権なのですが、改正されたことで土地や建物の所有者に多くのメリットがもたらされました。

例えば土地や建物が管理しやすくなるという点です。定期借地権の場合には、必ず契約年数で自分の手元に戻ってくるので、事前に計画を立てやすくなったと言えるでしょう。借地権に関しては、借地借家法という法律が適用されるようになっています。また、堅固建物と非堅固建物の区別が以前はされていませんでしたが、現在では区別されているのです。

契約年数が経過したら、今度はこのような人に貸したい、このように土地を利用したいなど、いろいろな計画が立てられるというのがメリットでしょう。ちなみに定期借地権にもいろいろな種類があり、大きく分けると3種類に分類されています。そんな中でも一般的な種類は、名前にも記載されているように、一般定期借地権で、借地権の存続期間が50年になっているのが特徴です。

借地権とは何か

借地権と言われても、いまいちよくわからないという人が多いと思います。なぜなら不動産を所持している人以外は、あまり関係ないからです。不動産を持っている人でも、土地を誰かに貸している、賃貸住宅などを経営している人でなければ知らない人が多くなっています。そこで借地権について簡単に解説をさせていただきます。借地権というのは、他人の土地を借りることができる権利のことです。もちろん料金を支払わなければいけません。

しかも借地権にはいろいろな種類が存在しているので、覚えるのが大変だと言えるでしょう。通常このような不動産関連の相談をする場合、不動産鑑定士に尋ねることが多くなっています。相続をする場合などは、弁護士に相談するケースもあるでしょう。このように専門職の人でなければよくわかっていないのが普通なので、一般の人がわからないのは当然なのです。また、借地権は賃借権とも言われているのですが、どちらも同じ意味だと持ってよいでしょう。

【参考サイト】借地権の無料相談|ピタットハウス

不動産経営をしている人は、このような専門用語の意味などもきちんと勉強しておくべきです。もし所有者が亡くなり、相続をする場合なども関係してきますし、誰かに譲る場合にも関係してきます。なぜなら日本は税金大国であり、何にでも税金をかけて搾り取っているからです。相続をすれば相続税、譲ってもらえば贈与税がかかるので、借地権について多少は知っておくべきでしょう。当サイトでは借地権の種類や意味などを詳しく解説しています。